2016年11月05日

オーロラブラック

●岡山県の新しいオリジナル品種
オーロラブラックは岡山県農林水産センター農業研究所において、1983(昭和58)年「オーロラレッド」の自然交雑から生み出された実生を播種したものを選抜育成され、2003年(平成15年)2月に品種登録された新しい品種です。
岡山県では巨峰やピオーネに次ぐ次世代の黒ブドウ品種として栽培面積が広がっています。

●オーロラブラックの特徴
オーロラブラックは藤稔やピオーネと比較されることが多い大粒の黒ブドウ品種です。
果粒は14〜17g程で綺麗な球形をしており、果皮色は環境にもよりますが、、紫黒色でピオーネより少し濃い色をしています。

果肉はよく締まり、糖度は17〜18度でピオーネや藤稔とほぼ同じくらいです。
脱粒しにくく、収穫後の日持ちがいいので流通性が高いブドウです。

皮は少し剥きにくいですが、果肉がしっかりとしているので果頂部にナイフで切り込みを入れておくと剥きやすくなります。
種無しで出荷されているものが多いので、皮を剥いた果肉を口にほおばると種を気にすることなく、プリッとした歯ざわりと共に口いっぱいに広がる果汁を楽しむ事ができます。

また、皮もそれ程厚くないので、皮ごと食べられなくもない感じです。
ポリフェノールを摂取することを考えると皮ごと食べた方が良いのは間違いありません。

●主な産地
オーロラブラックは岡山県オリジナル品種として、現在まだ岡山県でしか栽培されていません。
平成22年産の生産量は62トンと徐々に増加傾向にあります。

●収穫時期と旬
オーロラブラックの成熟期は露地栽培の場合、8月下旬〜9月上旬で、岡山県ではピオーネとほぼ同時期となります。
ただ、ハウス栽培も行われ、出荷は5月下旬頃から始まります。出盛りの旬の時期は路地物の最盛期である8月下旬から9月中旬となります。

【商品一覧】













posted by slime at 16:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 果実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック